生理痛は病気が原因の場合もある?!症状や対処法をご紹介します

生理痛の辛さに悩む人は多く、原因がどこにあるのか知らない場合がほとんどです。どうして生理痛が起こるのか、どうすれば楽になるのか知っておきたいですね。一定の期間でやって来る生理のしくみを理解して対策していきましょう。

生理痛を緩和するにはまず原因を知ろう

人によって生理痛の強さや症状も様々。原因によっては対処法が変わるので、しっかりと自分の生理痛の原因を知ることが大切です。

毎月定期的に起こることですから原因と解決策を知っていれば、なるべく痛みを感じないように対策できたり、痛みを引き起こさない対処法で楽に過ごすことができます。

付き合っていかなければいけない生理痛の、起こりうる原因と対処法をご紹介します。

生理痛の原因

プロスタグランジンの分泌量が多い

プロスタグランジンは、女性の体で大きな役割を果たしている物質です。

妊娠せずに過ごした場合に、子宮内膜がはがれおち体外に出血として排出されるのが生理ですが、このときに子宮内膜からプロスタグランジンが分泌されます。

プロスタグランジンには、子宮を収縮して使わない内膜を外に押し出す作用があります。このときに過剰な分泌によって収縮が強く起こることが生理痛の原因に。

分泌が過剰になると、子宮の収縮が強くなるだけでなく、腰痛や頭痛を引き起こすことにもなります。これはプロスタグランジンが痛みを強く作用させることによるものです。

冷えによる血行不良

生理の時期が来ると、血液中にプロスタグランジンが増え「子宮の収縮」を命令します。血流が滞ったりすると、子宮内にプロスタグランジンが長くとどまることになります。

これが過剰な痛みをもたらすことで、生理の痛みが長引いて苦しい原因になるのです。

血液の循環を良くするためにも、冷えは厳禁。特に子宮周りや骨盤周辺の血液循環を良くするために、冷え対策や温めて循環を良くすることをおすすめします。

普段からの食生活で、体の中から暖かくすることも改善につながりますので、見直してみましょう。

精神的、身体的ストレス

ホルモンのバランスを直接受けてしまう子宮には、ストレスなどの精神的な出来事が原因で酷くなる場合があります。

ホルモンのバランスが悪くなると痛みを過剰に引き起こしたり、長引かせたりと、とても辛い結果を引き起こします。

急に生理痛が酷くなった場合などは、もしかしたらストレスが原因で起こっているかもしれません。痛みを抑えることは薬でもできますが、根本的なストレスの原因を解消することが一番の対策法になります。

ストレスを受けない生活環境を作れるようにできれば一番ですが、普段からリラックスできる時間を作ったり、アロマやマッサージなどでストレスを解消できる方法を知っておきましょう。

子宮の出口が狭い

子宮の収縮にはプロスタグランジンが大きく関係していますが、この作用がないと体内の不要になった内膜を押し出すことはできません。自力で子宮の収縮もできないので、プロスタグランジンの作用はとても大切です。

子宮口が狭かったりすると、必要以上にその力を出さないと体外に出すことができなくなります。そのために、過剰にプロスタグランジンが分泌されてしまうのです。

排出がうまくいかないと、内膜も長くその場に留まることで痛みをさらに強くします。

この症状はまだ体が未発達の場合などに多くみられますが、子宮口の発達があまり思わしくなく狭いままで、生理痛に苦しむ成人も多いのが現状です。

この場合の生理痛は、出産を経験することで楽になるケースもあります。

生理痛の症状

腹痛、腰痛

一番このケースで苦しむ人が多い、腰痛と腹痛。腹痛と言っても男性には伝わらない子宮の痛みは、本当に辛いですね。

プロスタグランジンが過剰に分泌され、その物質が子宮内に長く留まると子宮の痛みが起こります。収縮が強く起こっているためです。

これが腹痛で、子宮痛ということになります。またこの時期には子宮の周りの血流も悪くなることで、腰痛といった作用も生み出します。

プロスタグランジン自体が血管も収縮することで、血流が悪くなるためです。普段冷えている場合には、一層冷える原因にもなりますので注意しておきましょう。

温かい飲料も効果的ですが、カフェインの配合された飲み物は体を冷やしてしまうので、コーヒー、紅茶好きな人は要注意です。

お腹に優しいスープなどでゆっくりと体内から温めてあげましょう。

下痢

生理中に下痢になる人も多いです。これはプロスタグランジンが胃腸などの働きを活性化してしまう動きによるものです。

いつもより働きを増して活動する胃腸によって下痢を誘発してしまうので、生理痛と下痢とでダブルパンチの状態に。

ここでもプロスタグランジンが長く子宮内に留まると、下痢の症状も悪化します。生理痛の痛みと共に起こる現象なので、生理痛が軽減されると下痢も治まるパターンが多いようです。

冷やさないことを頭に入れて、早くプロスタグランジンの成分を体外に排出できるように体を整えていきましょう。

こんな下痢の症状が出ている時には、消化の良いものを摂取して胃腸の負担を軽減して、あまり動かさないことが大切です。

頭痛

腹痛と同じように、生理中の頭痛に悩まされている人も多くいます。

生理の前後で現れる頭痛は、「月経関連片頭痛」とも呼ばれていて片頭痛の一種とされています。原因が分かっていない部分が多く、卵胞ホルモンである「エストロゲン」が関わっているのではないかと言われています。

また、プロスタグランジンの分泌によって痛みが増強されることで、通常よりも痛みが強くなるのではないかと考えられています。

普段の頭痛よりも生理中の頭痛が酷いという人は、この作用が大きく関係しているかもしれません。

日常生活に支障をきたす生理痛『月経困難症』

器質性月経困難症

あまりにも辛い生理痛には、隠れた病気が潜んでいる可能性もあります。

生理痛のひどさで仕事ができない、家事ができない、痛すぎて動くこともできない…などの場合には、婦人科での診断と治療が必要になるケースもあります。

子宮内膜症

これは本来子宮の内壁にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖することで炎症や痛みを引き起こします。

卵巣や腹膜でこの症状が起こると、通常は体外に排出されるものが体内に残ってしまい、炎症の原因になります。症状には個人差があり、初期でも痛みが多い場合もあれば、痛みを感じない場合など様々です。

子宮筋腫

多くは生理痛がひどくなり、経血の量も増えることが代表的な症状です。しかしこれでは自分が通常の生理なのか、筋腫による生理なのかわかりません。

筋腫が子宮内にできた場合には、痛みや経血がひどくなり自覚的にも異常を感じることができますが、子宮外に筋腫ができた場合には気が付かない場合も多くあるようです。

筋腫は大きくなると重量が10キロを超えてしまうことも。主に子宮外の場合には気が付かずに大きくなってしまう場合があります。

女性ホルモンの影響で大きくなる筋腫は、閉経によって小さくなっていく場合が多くあります。また、治療としてピルの服用で筋腫の成長を阻害し、症状を緩和する場合もあります。

数個できる場合が多いようです。良性の腫瘍ですので、診断を受けたうえで治療を行えば、命に係わることにはなりませんが、早めの診断を受けることで治療の選択肢も広がるので、生理がひどい場合には婦人科へ行くことをおすすめします。

子宮腺筋症

子宮内膜症によく似た病気の一つです。内膜症に似た細胞が子宮の筋肉層で増えていき、増殖することで広がります。

子宮だけにおさまらず、子宮周辺の筋肉層にまで発達することで炎症がひどくなり、痛みや生理の症状が大きくなります。

経血が増えることで貧血を起こす場合も多く見られるようです。

エストロゲンに関係して発症するのではないかと言われていますが、子宮内膜症と合併して起こるケースが多くあるので、分かった場合には同時に治療していくことになるでしょう。

機能性月経困難症

こちらは隠れた病気が引き起こしているものではなく、通常の生理で症状が重いものです。

血流の悪さでプロスタグランジンが長く子宮近辺に留まったり、過剰に分泌されることで起こります。

生理痛の症状を軽減する方法:薬物療法編

トリキュラー、アンジュ

(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬、低用量ピル)

ピルとは女性ホルモンを含んだ成分の薬の事です。本来は避妊を目的とした薬で、副作用として生理痛の軽減や緩和が見られることで、月経困難症などの治療にも使われるようになりました。

エストロゲンとプロゲスチンの作用でホルモンのバランスを整えてくれる働きがあり、子宮内の内膜の増殖を抑えてくれますので、プロスタグランジンの分泌を抑えることができ、痛みや下痢などの症状を緩和してくれます。

ロキソニン、バファリン

(鎮痛剤)

痛みの元であるプロスタグランジンは、生理開始から48時間が一番分泌が多くなることで、生理開始からの2日間が最も痛みを感じると言われています。

実際に2日目以降は痛みが少なくなり楽になる、といった経験をする人は多いのではないでしょうか。

このプロスタグランジンを抑制して、痛みを緩和することが鎮痛剤の効果です。

ロキソニンでは、ロキソプロフェンナトリウム水和物という物質がこれに作用します。

バファリンなどのアスピリン系では、アセチルサリチル酸やアセトアミノフェンという物質がこれにあたります。

物質自体が違うために、個人差によっては効きやすい効きにくいといった差が見られますので自分に合った薬を見つけておきましょう。

ロキソニンに代表されるロキソプロフェンが、一番鎮痛作用が高い指数が出ています。

一般的に痛みがひどくなる前に服用すると、鎮痛効果が良く出るようですので生理が来たなと感じたら服用するようにしましょう。

胃への負担を軽減させるために、続けて服用しない、胃が空っぽの状態で服用しないなどの注意点にも気を付けてください。

当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散

(漢方薬)

気長に体質の改善を行う漢方薬は、副作用も少なく根本的な体質を改善できる効果を期待できます。

冷えなどの体質が気になる人は、通常の鎮痛剤と併用して数か月間飲み続けてもいいかもしれません。

当帰芍薬散では、冷えや貧血の改善が期待できます。女性特有の生理の悩みや更年期といった症状に効果を出してくれます。

桂枝茯苓丸には、血液の巡りを改善してくれる働きがあります。

加味逍遥散は、体内を温める効果と上半身の熱を取る効果もあるので、女性が感じやすい冷えやのぼせのどちらにも効果を出してくれる作用があります。

漢方薬全般に言えることですが、誰に対しても同じ作用が期待できるものではありません。体質や本来持っている体内の症状によって服用する漢方薬が変わってきます。

合わない漢方薬では効果が出ないだけでなく、副作用として感じる症状も大きくなります。

冷えを主に感じる場合とのぼせを主に感じる体質では、服用する薬が変わったり効き方にも違いが出るので、最初は専門医の診断を受けることをおすすめします。

生理痛の症状を軽減する方法:ツボ押し編

三陰交(さんいんこう)

女性の機能にとても大きく関係するツボです。内側のくるぶしの頂点から上に指幅4本分の、骨と筋肉の境目に位置しています。

冷えによく効くツボで、体内の血流を改善したり、体を温めてくれます。

この場所を数回押してゆっくりとした呼吸を繰り返します。痛みがあまりない程度の強さがおすすめです。

腎兪(じんゆ)

生理痛に大きくかかわって症状を緩和してくれるツボです。ウエスト部分の背骨から外側にそれぞれ左右指2本分のところに位置しています。

ゆっくりと揉みこんだり、押したりと、生理痛で一番痛む腰の部分にもあたるので、気持ちよく感じます。ゆっくりもみほぐしてあげましょう。

叩いて刺激を与えても効果がありますが、生理中は血流の滞りで固まってしまっている場合も多くあるので、ほぐすように揉みこむと痛みの軽減に役立ちます。

この場所を温めることも効果的で、カイロなどを腰に貼る場合はこの場所を頭においておくと効果的に使えることができます。

血海(けっかい)

血の巡りが悪い場合や、冷えて血流が悪くなっていると感じる場合に有効なツボです。膝の関節上部の内側のくぼみから、指3本分上がったところに位置します。

大量の血液が通過する重要な部分とされているこの場所を刺激することで、血流を改善し、生理痛を改善します。また、むくみや不眠、肩こりなどにも効果があるので、不調を感じたら押してみてください。

軽く痛みを感じる程度に数回押すことを何回か繰り返しましょう。

気海(きかい)

体調を元に戻してくれる丹田の一つで、気が集中する場所だといわれているツボです。おへその下に指1本半くらいの場所に位置しています。

気つけのツボとも言われていて、押し込むことで体を元気に、不調を元に戻そうとしてくれるツボになります。生理の不調や痛みからくる全身のエネルギーの循環を、元に戻してくれます。

腹痛や冷えの改善にも効果がありますので、日頃から気が付いたら押してみるのも効果があるでしょう。

爪を立てないように、優しく両手の指を重ねてじっくりと押し込みます。

生理痛の症状を軽減する方法:サプリ編

母の滴プラセンタEX

  • 価格:4,500円
  • 容量:60カプセル 約一か月分

https://www.hahanoshizuku.jp/lp/placentex_af.html?ad_code=1003

生理の悩みや、体調の改善に役立つ「プラセンタ」のサプリです。プラセンタは美容にも効果が高く、女性にはよく使われる成分です。

従来「豚」のプラセンタが多く使われていましたが、成分のより高い「馬」の胎盤がもとになっているこちらのサプリには、胎盤だけでなく「臍帯」が使われており、効果がより高いと好評です。

臍帯には成長因子が胎盤より豊富に含まれているので、より効果が高いとされています。

美容外科などで高額なプラセンタ注射を打つのと同じような効果が、サプリで摂取できるようになりました。

豊富なアミノ酸が、体調の改善や生理の不調を緩和してくれます。

PMSサプリ ルナベリー

  • 価格:4,400円 初回実質無料
  • 容量:30粒 約一か月分

http://blacklabel-ol.jp/lp/8C3V/

生理の前にイライラしたり、落ち込んだりと、精神的な生理の現象によく作用してくれるサプリです。痛みや苦しさ、生理に近づくと眠気が襲うなどの症状に効果が良く出るようです。

女性にありがちなイライラやモヤモヤにチェストベリーや月見草オイルが多く配合されています。

チェストベリーは古い時代から女性特有の生理の悩みに使われてきた、歴史のあるハーブです。安全性も高く、安心して取り入れられる成分です。

憂鬱な気分に効果を発揮する月見草オイルや、アマニオイルによって美容にも効果があり、他にもビタミン類やイソフラボンといった、女性に必要な栄養素をたくさん含んでいます。

一日に一粒の摂取で、とても効果的に作用してくれるとリピーターが多いサプリ。返金制度もあることから、一度試してみて効果を実感してください。

ムーンラック

  • 価格:4,500円 初回1,980円
  • 容量:60粒 約一か月分

http://www.herbal-i.com/moonrac/af/fel/?utm_campaign=fel-moon&utm_term=keyword

ホルモンの乱れによって起こされる精神的な不調。女性なら多くの人が感じている症状です。辛い症状があっても理解されずに無理をしてしまう女性は非常に多いのです。

生理のイライラした精神状態によく効いてくれるチェストベリーを高配合。マレーシア原産のカチプファティマも含有されており、女性特有の悩みを緩和してくれます。

排出のサイクルを元に戻してくれる冬葵(とうき)は、ハーブティーとしても広く飲まれています。リラックス効果の高いテアニンも配合で、安らぎの精神状態をもたらしてくれます。

女性が不足しがちな鉄分を配合しているのも特徴です。起こりやすい貧血や立ち眩みの軽減に役立ちます。

スッキリしたミントの香りが心地よく、飲んで精神の乱れが楽になったと評判のサプリ。返金保証もあることから、試して楽になれると好評です。

女性のミカタ

  • 価格:2,180円 初回980円
  • 容量:60粒 約一か月分

http://www.arco-shop.jp/item/pms/index.html

PMSとは、月経前症候群と呼ばれており、生理の前から不調になる精神や体の症状の事です。

お腹や腰だけでなく、頭痛や肌の悩み、むくみが酷くなったりイライラしたり…人それぞれにたくさんの悩みがあります。

多くは黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスの乱れが原因だといわれていますが、体に現れる症状と、精神的な部分に起こってくる症状との大きく2つに分類されます。

こちらのサプリは、この2つの症状をそれぞれ別配合に作っており、どちらの症状が大きいかによって選ぶことができます。

体の症状に特化した「すこやか編」は、乳房の張りやむくみ、肌荒れ、冷え性など様々な症状に効くように効果的な素材を配合しています。ホルモンバランスを整えるチェストツリーや、むくみの改善に効果のあるメリロートやウラジロガシなどが含有されています。

精神に特化した「やすらぎ編」は、PMSを楽にする月見草オイルや、イライラに効果のあるラフマ、更年期の改善にも使われる大豆イソフラボンを配合。

ビタミン類の効果でエネルギー代謝のアップやアンチエイジングなどの美容にも嬉しい効果が期待できそうです。

生理痛を緩和してくれるサプリについてもっと見る

生理痛の症状を軽減する方法:その他

アロマテラピー

常に女性ホルモンなどの影響を受けている女性は、デリケートで人に伝わらない痛みや悩みを持っていることが多くあります。少しでも楽に過ごせるように日頃の生活に「リラックスできる時間」を取り入れてみましょう。

アロマには精神的だけでなく、体にも効く成分を含んでいるものもあります。うまく活用して症状を緩和したいものです。

「ゼラニウム」や「ラベンダー」は、古くから女性ホルモンのバランスを整える効果があるとして治療に使われてきました。痛みを和らげたり、不安定な神経を落ち着けてくれます。

「カモミール」や「イランイラン」には、頭痛や肩こりなどの不快感を減少させてくれます。クセのある花の香りですが、キャリアオイルなどでほのかに香る程度にして使うと、マッサージなどでも心地よく使うことができます。

「レモン」「グレープフルーツ」などの柑橘類の香りには、リフレッシュの効果があります。スッキリとイライラを軽くしてくれたりすることで、集中力もアップ。

むくみなどには「ジュニパーベリー」を活用してみてください。利尿作用や発汗作用があり、余分に溜まった水分や老廃物を外に出してくれる効果があります。

作用もアロマによって色々ありますが、好きな香りを見つけて楽しむのが一番です。

お腹や腰を温める

冷えが一番の大敵です。日ごろから冷えが気になっている人は常に冷えの対策を考えておきたいものです。

冷えると血流が悪くなり、生理前後にこの冷えの症状があると、痛みのもとになるプロスタグランジンがうまく排出されずに体内に留まることに。これが痛みを重くしたり長引かせたりの原因になります。

痛みを感じたら下腹部や腰のあたりを温めて血流の流れを良くしてあげてください。少しでも血の巡りを良くすることで、痛みのもとをそこに留めないことが重要です。

豆乳で生理痛の緩和

女性のホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンがありますが、大豆イソフラボンは卵胞ホルモンと似た構造をしています。

この卵胞ホルモンが生理中に低下することによって痛みなどが酷くなります。

卵胞ホルモンには肌の調子を整える機能もあるので、生理で肌荒れや調子が悪くなるのもこのためだと言われています。

この卵胞ホルモンの低下を大豆イソフラボンで補ってあげることで、それらの症状を緩和できます。

豆製品は多く存在していますが、最も手軽に摂取できるのは「豆乳」です。カロリーも低く減量中の方にも嬉しい、美容に良い成分がたくさん含まれています。

手軽に手に入る優秀な成分ですから、うまく生活に取り込んでみてください。

原因にあった対処法で痛みを緩和しよう

辛い生理痛ですが、それぞれに症状が違います。それぞれに合った方法で対策する必要がありますので、自分がどんなタイプで一番軽くしたい痛みや悩みがどれなのかを見極めることが大切です。

もしかすると病気が隠れていることもありますから、苦しい、辛いと感じたら婦人科で診察を受けることも忘れないでください。